\ 今だけ最大ポイント10%アップ! /

【悩み解消】スノーボード 取付方法のおすすめ伝授!(取付角度等)

こんなことで困ってませんか?
  • ボードのセッティングってよくわからない
  • 角度を変えたけど、正解がわからない
  • カービング向けにセッティングしたい

よくわからないと「興味があっても選ぶことを諦めてしまう」と思います。

特に「試乗もしたことないと選べない」という意見もあります。

そこでこの記事は

ボードのセッティングに迷う方におすすめのセッティングを紹介します。

この記事の紹介する私は、

  1. 10年以上のスノーボード キャリア
  2. パーク、カービング、パウダー滑走熟練
  3. 過去10本以上様々なボードを乗り込んできた

私は10年以上スノーボードをしてきまして、これからスノーボードを楽しむ初心者、

行き詰まった中級者以上に向けてブログを書いてます。

道具選びで失敗したりそこから得た経験で友人も

喜んでくれたことからブログ運営をしてます。

目次

セッティングの目的

ビンディングのセッティングとは

結論です。

ボードの操作性とエッジングを向上させること

ボード操作性とは

自分の思い通りにボードを動かせる」ことです。

エッジングとは

雪面にボードのエッジを噛ませる」ことです。

エッジとはここです。

スノーボード のエッジ

レベルUPしていくと、どのボード操作において

エッジを使わないことはほぼないです。

ゆえに、エッジ操作を自分の思い通りにし、

ターン、グラトリ、パークすべてのボード操作を

容易にするのがセッティングと思ってください。

セッティングの詳細

セッティングの概要

セッティングを具体的に説明します。

セッティングの項目

  1. アングル:ビンディングの角度調整
  2. スタンス:ビンディング間の距離調整
  3. ハイバック角度:足が窮屈ないよう調整

角度(アングル)

バインディングの角度(アングル)

アングルのセッティングは大きく2つの

調整しかありません。

  • 角度を+側に大きくする:足を開く
  • 角度をー側に大きくする:足を閉じる

前足、後足それぞれ角度のセッティングで得られる

効果が異なります。

以下にまとめましたので、アングルの効果を

みてください。

アングルセッティングの効果

スクロールできます
項目前足後ろ足
角度

前足の角度

後ろ足の角度
足を開く効果ヒールサイドターンスイッチラン
足を閉じる効果ヒールサイドターン
トゥーサイドターン
スイッチラン
ターン安定性

ちなみにですが、スイッチランとは

「前足と後ろ足を入れ替え、通常側と反対で滑ること」です。

スイッチランの例

左足前で通常滑走している

右足前に切り替えて滑走する

ということで前足側のアングルを開く、閉じるで

得られる効果をまとめます。

足を開くメリット
  • かかと側のターンしやすい
  • フロントサイド側スピンやりやすい
  • 体が正面に向きやすくなる
足を開くデメリット
  • つまさき側のエッジにかける力が鈍る
  • バックサイド側スピンやりにくい
  • 慣れないと膝が痛くなる

次にスタンスについて説明します。

スタンス

バインディングのスタンス

第一にスタンスは窮屈or足開きすぎてないかで決めれば良い

以上です。

前記のアングルよりも好みで良いところです。

自分で試して調整するを繰り返すことをおすすめします。

ハイバック角度

ハイバックの角度

俗に「ハイバックローテーション」といいます。

解説します。

買った状態のままボードに取り付けた場合とハイバック角度を

調整する前後を示します。

ハイバックの調整前後

ボードのエッジに対して並行にハイバックの角度

調整することがハイバックローテーションです。

以下にメリット、デメリットを説明します。

ハイバック角度の調整メリット
  • 窮屈感が軽減する
  • 足の左右の動きを妨げない
  • ヒールターンがやりやすい

フリースタイル、パウダースノー時が効果的です。

デメリットです。

ハイバック角度の調整デメリット
  • ヒールターンの初動反応が鈍る
  • カービングでハイバックに頼れない

カービングで反応よくターンがしたい時は

角度をつけすぎるとデメリットになります。

概要は以上です。次にセッティングの決め方を

説明します。

セッティングの決め方

決め方は以下の3つの観点でセッティングを決めます。

セッティングの決め方
  • ボード用途:カービング、パウダー用等
  • 滑りのスタイル:グラトリ、パーク、カービング
  • 滑走レベル:ターン初心者〜上級者

それぞれに向くセッティングがあります。

おすすめのセッティング紹介

おすすめ紹介

具体的にセッティング例を紹介します。

ただ、これが絶対ではなくあくまで目安に

していただけると幸いです。

スクロールできます
セッティングまとめアングル:前足アングル:後足スタンス
カービング27〜33度6〜27度56〜58cm
グラトリ6〜12度ー9〜0度52〜54cm
パーク18〜9度−12〜−3度53〜56cm
パウダー〜33度〜27度53〜58cm

次に上記を細かく紹介していきます。

カービング向けセッティング

カービング向けのおすすめ!

カービングに特化したセッティングをまとめました。以下の通りです。

基本的にカービングに特化するとアングルは

前足、後足ともに+側の進行方向に振ったセッティングです。

スクロールできます
カービング向けアングル:前足アングル:後足スタンス
男性!BC-STREAMユーザー
OGASAKAユーザー
27〜33度15〜24度56〜58cm
女性!OGASAKAユーザー21〜30度12〜21度46〜56cm

滑りの参考を以下に載せますので

「こんな滑りをしたい!」って方は動画と

セッティングを合わせて参考にしてください。

 

グラトリ向けセッティング

グラウンドトリック向けのおすすめ

グラウンドトリックに特化したセッティングをまとめました。以下の通りです。

基本的にグラウンドトリック等の

フリースタイルのアングルは

前足は+側、後足はー側の進行方向に振った

セッティングです。

スクロールできます
グラウンド
トリック向け
アングル:前足アングル:後足スタンス
男性!ユーザー9〜12度−6〜ー12度52〜54cm
女性!ユーザー9〜12度−6〜ー12度46〜50cm

滑りの参考を以下に載せますので

「こんな滑りをしたい!」って方は動画と

セッティングを合わせて参考にしてください。

 

フリースタイル向けセッティング

フリースタイル向けのおすすめ

パーク、フリースタイルに特化したセッティングをまとめました。

以下の通りです。

基本的にグラウンドトリックと同様、

フリースタイルのアングルは

前足は+側、後足はー側の進行方向に振ったセッティングです。

スクロールできます
フリー
スタイル向け
アングル:前足アングル:後足スタンス
男性!ユーザー12〜18度−6〜ー12度52〜56m
女性!ユーザー9〜15度−6〜ー12度46〜50cm

滑りの参考を以下に載せますので

「こんな滑りをした!」って方は動画と

セッティングを合わせて参考にしてください。

パウダー向けセッティング

パウダー向けのおすすめ

滑りやすいセッティングをまとめました。

以下の通りです。

ターンがしやすくスイッチランも考慮したセッティングですので、

前足は+側、後足は+orー側の進行方向に

振ったセッティングです。

スクロールできます
パウダー向けアングル:前足アングル:後足スタンス
男性!ユーザー24〜33−6〜6度53〜56cm
女性!ユーザー18〜24度−6〜6度46〜52cm

滑りの参考を以下に載せますので

「こんな滑りをした!」って方は動画と

セッティングを合わせて参考にしてください。

以上です。

最後に

いかがだったでしょうか?

スノーボード のセッティングは自分が滑りたい

滑りをしている人を参考に試して変えての繰り返しです。

自分で滑りやすいセッティングを見つけて

楽しいスノーボード ライフを送ってください。

最後にまとめです。

セッティングの決め方のまとめ
  • 窮屈にならないセッティングをする
  • 自分の滑りたい滑り方の人を参考にする
  • 試して、セッティングしてを繰り返す
スクロールできます
セッティング
まとめ
アングル:前足アングル:後足スタンス
カービング27〜33度6〜27度56〜58cm
グラトリ6〜12度ー9〜0度52〜54cm
パーク18〜9度−12〜−3度53〜56cm
パウダー〜33度〜27度53〜58cm

以上です。

ここまで見て頂きましてありがとうございます。

またお願いいたします。

以下も気になったら見てみてください。

パウダーボードの選び方

ビンディングの選び方

ブーツの選び方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次