\ 今だけ最大ポイント10%アップ! /

【極上の乗り心地】モス スノースティックの選び方とおすすめ4選

こんなことで困ってませんか?
  • モス スノースティックってどんなブランド?
  • いっぱい種類があるので選び方が知りたい
  • 楽しい滑りをしたいからとにかくおすすめを教えて!

近年、パウダースノーブームによりボード形状は多種多様で、以前よりボード選びが難しくなりました。

ただ、ブームとはいえボードの個性を知らず、乗り手に合わなければ楽しいボードにはなりません

購入後に後悔し、売ってしまう方もいるようです。

私は様々なパウダーボードを愛用しており、

ほぼ全てのモス スノースティックを体感し、ボードの特徴を理解してます

この記事は自分の経験と知識を活かし、

モス スノースティックのボードを紹介し、購入した気持ちをひと推し」する記事です。

この記事を読むと

この記事で分かること
  • 取り扱いボードの特徴が分かる
  • 自分の滑りとボードが合うか分かる
  • 自分に適するボード長が分かる

そしてこの記事が生むメリット

失敗した買い物にならずお金を無駄にしない

というボード選びが可能になります。

この記事の紹介する私は、

記事を書いた人のプロフィール
INSTAGRAM
  • 名前:まさ
  • キャリア15年以上
  • 年間滑走回数50回以上
  • 活動場所は岐阜、長野、新潟
  • カービング、パウダー得意

私は10年以上スノーボードをしてきまして、

これからスノーボードを楽しむすべての方に向けたブログを書いてます。

目次

MOSS SNOWSTICKの概要

出典:http://www.pioneermoss.com/SNOWSTICK/top/top.html
MOSS SNOWSTICKの概要
  • PIONEER MOSSのブランドの一部
  • サーフィンを雪上で体現するコンセプト
  • パウダー浮力があるモデル多い
  • 全体的にボードは柔らかい傾向

Moss Snowstick おすすめの選び方

次に選び方を示します。

選び方
  • 滑る用途ボードの個性を合わせる
  • ボードの長さを決める

選び方は、「自分の遊び方はなにを重視するか?」によって適する

ボード形状、ボード長が決まります。

まず、使う用途とボードの個性を合わせたときに

どういうボードを選ぶべきかから、順番に説明します。

使う用途とボード個性を合わせる

用途と個性について説明します。

昨今、ボード1本でなんでも滑りたい!って嗜好から用途に合ったボード選びが推奨されつつあります。

特にMOSS SNOWSTICKは各モデルの個性が際立つラインナップが多いです。

ゆえに、以下みたいに明確になにをするためのボードなのかをはっきりさせましょう。

ボード用途の考え方
  • パウダー重視なのか
  • 壁等の3D地形で遊ぶのか
  • カービングがしたいのか
  • オールラウンドに使いたいのか

ただのパウダーボード という考えではなく

ボードの個性を知り、自分の用途に合ったボードを選ぶ

これに尽きると思います。

次に説明しますが、ボード長さも同様の考えです。

次にMOSS SNOWSTICKにおける各シリーズの個性を説明します。

各seriesのボード個性紹介

スクロールできます
MOSS SNOWSTICK地形遊び地形遊びカービング重視高速、パウダーボード操作GOODオールラウンド
タイトル
WING PIN59

58 PT


58SW

PQ60

U4

MMD 52
特徴柔わ目で地形合う柔わ目で地形合うスピード出るスピード出る癖小で扱いやすい癖小で扱いやすい
ノーズ形状ピンノーズピンノーズピンノーズピンノーズピンノーズラウンドノーズ
テール形状ピンテールピンテールスワローテールスワローテールスクウェアテールスクウェアテール
全長159015851580160015101520
有効エッジ107110161270121010161180
接雪長884924924791828884
サイドカーブR9000R8600R9800R10000/9000R9000/6170R10500/7000
ノーズ幅310298308302310320
テール幅289276300289293285
セットバック−46−55−45−55−45−54
出典:http://www.pioneermoss.com/SNOWSTICK/top/22-LineUp.html
ボード個性のまとめ
  • PT、WING PIN:テールを活かす地形遊び
  • SW、PQ:テールを活かした、カービング、パウダー
  • U、MMD:なんでもできる万能型

次にボードの長さの選び方について説明します。

ボードの長さの考え方と選び方

出典:http://www.pioneermoss.com/SNOWSTICK/top/22-LineUp.html

MOSS SNOWSTICKのボード長は

各シリーズの中で、最も短いモデル

女性向けを想定しています

ただ、女性は絶対短いモデル!では

ありません。

ボードの長さは以下の考え方が良いです。

ボード長さの考え方
  • 短ければ反応よく機敏に動く
  • 長ければ、スピードとパウダー浮力

操作性とボード長は反比例します。

スピードも同様にボード長に反比例します。

例えば、U seriesで説明すると、

ボード長の選び方例
  • 男性でキビキビ動きたいなら、U4
  • 男性でスピード、パウダーなら、U5
  • 女性でキビキビ動きたいなら、U3
  • 女性でスピード、パウダーなら、U4

ゆえに自分の滑り用途に合わせましょう。

行く山にもよりますが、

広い山、小さい山両方カバーするなら

迷ったら一つ長めモデルを選ぶおすすめ

次に私の経験からおすすめを紹介します。

滑走レベル別のおすすめ4選を紹介

初めてMOSS SNOWSTICKを選ぶ方や、

初級〜上級者向けにおすすめを紹介します。

初めにボードを選ぶあなたの滑走レベルを定義します。

ボードをずらすターンに自信がない
ボードを雪に噛ませるターン少しできる

初チョイス、初級者向けのおすすめ「58 PT」

初めて選び方は、扱いやすく

パウダーも最高な58 PT」がおすすめです。

おすすめ理由
  • 柔らかめで扱いやすい
  • ノーズも太すぎず扱いやすい
  • 長さもあり、スピード&パウダー良い
モス
¥11,880 (2022/07/11 22:07時点 | Yahooショッピング調べ)
\今だけ最大ポイント10%アップ!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

初級者以上のおすすめ「MMD 52」

ある程度ボードが扱える方は

パウダーも最高なMMD 52」がおすすめです。

おすすめ理由
  • ボードが短く、取り回ししやすい
  • エッジグリップでカービング楽しい
  • ノーズが太くパウダー良い
BrandNew(ブランニュー)
¥103,400 (2022/10/09 22:52時点 | 楽天市場調べ)
\今だけ最大ポイント10%アップ!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

上級者向けのおすすめその1「PQ 60」

しっかりテールまで荷重ができる

技量のある方は、

パウダーも最高なPQ 60」がおすすめです。

おすすめ理由
  • ボードが長いのに取り回ししやすい
  • エッジグリップでカービング楽しい
  • テール荷重で切り上がりターン良い
  • スピードが出るのでパウダーも良い
FLEAboardshop
¥123,200 (2022/10/09 22:52時点 | 楽天市場調べ)
\今だけ最大ポイント10%アップ!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

上級者向けのおすすめその2「58 SW」

しっかりテールまで荷重ができる

技量のある方は、

パウダーも最高な58 SW」がおすすめです。

おすすめ理由
  • ボードが長いのに取り回ししやすい
  • エッジグリップでカービング楽しい
  • テール荷重で切り上がりターン良い
  • スピードが出るのでパウダーも良い

こちらはPQ 60よりテール荷重で生み出される

滑らかな動きが魅力なモデルです。

\今だけ最大ポイント10%アップ!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

Moss Snowstick ラインナップを深堀り

出典:http://www.pioneermoss.com/SNOWSTICK/top/22-LineUp.html

代表的なシリーズを挙げると上記の通りです。

数々ある中からあなたに合うボードを

選ぶには大変です。

しかも、ボードの特徴がHP等になければ、

より選べないですね。

次に各モデルごとの特徴とメリットデメリットを紹介します。

まずはどんなボードがあるかのかを確認ください。

U series (サーフライクが好きな方向け)

出典:http://www.pioneermoss.com/SNOWSTICK/top/22-LineUp.html
特徴とメリットデメリット

特徴

  • ノーズ幅が太い
  • セットバックでテールが短い
  • 接雪長が短く動かしやすい

メリット

  • ノーズが長くても動かしやすい
  • 思い通りパウダーでボードが動く
  • テールのエッジグリップが良い
  • 上記でカービングずれにくい

デメリット

  • テールが短いので最初、違和感あり
  • 乗る姿勢次第で面白くないになる

PT series (3D地形で遊ぶの好きな方)

出典:http://www.pioneermoss.com/SNOWSTICK/top/22-LineUp.html
特徴とメリットデメリット

特徴

  • ボードフレックスは若干柔らかい
  • テールを活かしたゲレンデ遊びが楽しい
  • ターンもエッジが噛み、楽しめるボード

メリット

  • U seriesよりターンずれにくい
  • テール形状が壁等の3D地形に合う
  • 若干柔らかめで扱いやすい

デメリット

  • 速スピードで若干ばたつく
  • 他のボードよりノーズ幅は若干狭い
  • 上記でパウダー浮力は少し抑えめ

WING PIN (3D地形で遊ぶの好きな方)

出典:http://www.pioneermoss.com/SNOWSTICK/top/22-LineUp.html
特徴とメリットデメリット

特徴

  • ボードフレックスは柔らかめ
  • ボードが長くてもボード操作しやすい
  • 柔らかいので壁等の3D地形が楽しい

メリット

  • PT seriesよりテールエッジ噛みやすい
  • 上記でターンずれにくい
  • テール形状が壁等の3D地形に合う
  • ノーズ幅は太めでパウダー浮力はGOOD

デメリット

  • 高速スピードではばたつく
  • 取り回しし易いが、慣れ必要

PQ series(滑走スピード早めな方)

出典:http://www.pioneermoss.com/SNOWSTICK/top/22-LineUp.html
https://kotsugai-naoto.blogspot.com/2010/09/snowstick.html
特徴とメリットデメリット

特徴

  • 独特のボトム形状でスピードが出せる
  • 減速しにくく、パウダー浮力GOOD
  • スワローテールでカービングも楽しい

メリット

  • スピードを出しても安定性が良い
  • ボトム形状でパウダー浮力が出る
  • スワローテールでエッジを長く使える
  • 上記でターン後半切り上がりしやすい

デメリット

  • 乗り位置でノーズを太く感じる
  • 太く感じると操作しにくいと感じる
  • 技量がないと乗りにくいと感じる
  • ボトム形状がワックスがかけにくい

SW series(テール荷重できる方向け)

出典:http://www.pioneermoss.com/SNOWSTICK/top/22-LineUp.html
特徴とメリットデメリット

特徴

  • テール形状+エッジ長が長い
  • 上記効果で、カービングが最も得意
  • スピードも出やすく、パウダー浮力良い
  • ボードフレックスは若干柔らかめ

メリット

  • テール形状がターン後半でずれにくい
  • 雪抜けよく、スピード安定性良い
  • 減速しにくく、パウダー浮力良い
  • 若干柔らかく、ボードが扱いやすい

デメリット

  • テールをしっかり荷重できる技量要
  • テール形状の耐久性が他より弱い

MMD series 

出典:http://www.pioneermoss.com/SNOWSTICK/top/22-LineUp.html
特徴とメリットデメリット

特徴

  • SW seriesのテール形状変更ver
  • スピード安定性が良い
  • 癖が少なく初のモスを選ぶ方に合う
  • ノーズ幅も太く、パウダー浮力良い

メリット

  • テールのエッジグリップが良い
  • 上記でカービングずれにくい
  • ノーズ幅、エッジ長で直進安定性良い
  • 接雪長が短く、ボード取り回しし易い

デメリット

  • 短いので高速安定はPQ seriesに劣る

最後に

MOSS SNOWSTICKのラインナップから

選び方の説明をさせて頂きました。

スノーボード の技術上達に伴い、

滑走スピードパウダースノー

楽しみたいとなってきます。

ボードの個性をしっかり理解して

自分の技量にあったボード選び、

ネクストレベルに上達するように

良いボード選びをしてみてください。

最後にまとめです。

モス スノースティックの選び方とおすすめまとめ

選び方のポイント

  • 自分の遊び方を確認する
  • ボードの個性と合うモデルを選ぶ

おすすめモデル

  • 初級者は58PTがおすすめ
  • 中級者はMMD 52がおすすめ
  • 上級者はPQ 60、58SWがおすすめ
スクロールできます
MOSS SNOWSTICK地形遊び地形遊びカービング重視高速、パウダーボード操作GOODオールラウンド
タイトル
WING PIN59

58 PT


58SW

PQ60

U4

MMD 52
特徴柔わ目で地形合う柔わ目で地形合うスピード出るスピード出る癖小で扱いやすい癖小で扱いやすい
ノーズ形状ピンノーズピンノーズピンノーズピンノーズピンノーズラウンドノーズ
テール形状ピンテールピンテールスワローテールスワローテールスクウェアテールスクウェアテール
全長159015851580160015101520
有効エッジ107110161270121010161180
接雪長884924924791828884
サイドカーブR9000R8600R9800R10000/9000R9000/6170R10500/7000
ノーズ幅310298308302310320
テール幅289276300289293285
セットバック−46−55−45−55−45−54
出典:http://www.pioneermoss.com/SNOWSTICK/top/22-LineUp.html

他のパウダーボード のおすすめを知りたい方は

以下からどうぞ!!

ボードを持っているけど、ビンディングの取り付けが良く分からない方は

以下もご参考にしてください。

以上です。ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次