\ 今だけ最大ポイント10%アップ! /

【滑りの極み】ゲンテンスティック TT165の 魅力と特徴3選

こんなことで困ってませんか?
  • ゲンテン TTは乗るのが難しいイメージで購入を躊躇。
  • 自分に合うか分からず、買って後悔しちゃうかも
  • TT165の魅力が調べても分からない

ゲンテンスティックは多種多様で、それぞれボードの特徴が違うラインナップです。

ゆえに自分に合わなければ、スノーボードを楽しむことはできません

それを知らずに購入後にボードを売却してしまう方もいるようです。

私はゲンテンスティックの試乗や所有し扱うことで

ほぼすべてのモデルを体感し、多種多様のゲンテンスティックの特徴を理解してます

この記事は自分の経験と知識を活かし、

ゲンテンスティックのTTモデルの特徴を説明し、後悔のないボード選びを紹介」する記事です。

この記事を読むと

この記事で分かること
  • TTモデルの特徴が分かる
  • ボードの得意な滑りが分かる
  • 自分の滑りとボードが合うか分かる

そしてこの記事が生むメリット

失敗した買い物にならずお金を無駄にしない

というボード選びが可能になります。

この記事の紹介する私は、

記事を書いた人のプロフィール
INSTAGRAM
  • 名前:まさ
  • キャリア15年以上
  • 年間滑走回数50回以上
  • 活動場所は岐阜、長野、新潟
  • カービング、パウダー得意

私は10年以上スノーボードをしてきまして、

これからスノーボードを楽しむすべての方に

向けたブログです。

道具選びで失敗したりそこから得た経験で友人も

喜んでくれたことからブログ運営をしてます。

今回の記事は

実際に私が「TT165」を乗った経験からお伝えする記事です。

目次

Gentemstick (ゲンテンスティック )の概要

出典:https://www.gentemstick.com/assets/img/products/21-22_catalog.jpg
概要まとめ
  • 雪上でサーフィンを体現するメーカー
  • 本拠地は北海道
  • ラインナップは大きく4つ。
    • FLAT CAMBER SERIES
    • BIG MOUNTAIN SERIES
    • INDEPENDENT SERIES
    • ALTERNATIVE SERIES
  • パウダースノーだけでなく通常滑走もGOOD

という概要です。

Gentemstick(ゲンテンスティック ) のTTとは

出典:https://www.gentemstick.com/assets/img/products/21-22_catalog.jpg
FLAT CAMBERシリーズの概要

TTモデルFLAT CAMBERシリーズに属する

  • MENS、WOMENS含めて6モデル
  • 他シリーズにない、ボトム形状が特徴

というのが概要です。

この記事は今回、「TTモデル」を掘り下げてて説明します

TT (tamai taro)モデルの特徴

出典:https://www.gentemstick.com/assets/img/products/21-22_catalog.jpg

TTモデルの特徴は以下の通りです。

TTモデルの特徴
  • フラットキャンバーというボトム形状
  • ノーズ、ウエスト、テール幅が細い
  • サイドカーブ=くびれが少ない

大きくは上記の通りです。

このTTシリーズの魅力である

フラットキャンバーについて形状等詳しいことは

以下で説明しています。

興味のある方はこちらからどうぞ

次に、TTモデルについて

よく聞く質問、イメージを説明します。

次に、TTモデルを所有することで

叶う魅力を示したいと思います。

FLAT CAMBER TT165を選ぶと叶う3つの魅力

FLAT CAMBERシリーズのTT165について魅力を示します。

TT165の魅力
  1. 他メーカーにない鋭いカービング可能
  2. 壁等の3D地形がスムーズに滑れる
  3. スピードが出てパウダーで沈まない

1つ目の魅力はこの後に説明する各モデルの違いから

鋭いカービングはスピード感が気持ち良い!

他にはない鋭いカービング可能

詳しくはこの後順々に説明していきます。

2つ目の魅力は

なぜ、スムーズに3D地形がスムーズに滑れるかというと、

3D地形のスキル滑走が上がる!

フラットキャンバーというボトム形状が実現。

3つ目の魅力は

各モデルを比較して説明しますが、理由は

埋まらず、パウダー滑走スキル上達!

スピードを生みだし減速せずパウダー滑走可能

「TTモデル」は他メーカーの乗り易い、扱い易いボードと異なり

突出した個性のこの「TTモデル」たちはあります。

特にボトム形状、ボード形状に関して言えます。

では次から具体的に「TT165」を他モデルと比較して

「TT165」の特徴、メリットデメリットを説明します。

TT165の特徴①

出典:https://www.gentemstick.com/assets/img/products/21-22_catalog.jpg

TT165の一つ目の特徴は以下の項目で説明します。

TTモデル各種の形状比較項目
  • ノーズ幅
  • ウエスト幅
  • テール幅

以上の観点でTT各種を比較していきます。

ノーズ幅比較 TT165 vs 他モデル

出典:https://www.gentemstick.com/assets/img/products/21-22_catalog.jpg

ノーズ幅で説明できることは、

TT165は長いのにノーズが最も細い

このTT165だけが突出しております。

このノーズ幅がもたらす効果ですが、

細いノーズ幅がもたらす効果
  • 細いとボードのエッジ切り替え早い
  • ターンの初動が早く雪面に噛み易い
  • 上記で鋭く安定するカービングが可能

逆に細いノーズ幅がもたらすデメリットは

細いノーズ幅のデメリット
  • パウダースノーでの浮力低下
  • 雪面に食い込ませすぎる失速
  • バインディング が雪面に当たり失速
  • 足が大きい人はボードに合わない
  • ボードを傾けてエッジを食い込ませるのが苦手

ここのまとめですが、

TT165はパウダースノー向けではなく

TT165は鋭いターンが得意です。

次にウエスト幅について比較します。

ウエスト幅比較 TT165 vs 他モデル

出典:https://www.gentemstick.com/assets/img/products/21-22_catalog.jpg

このウエスト幅で言えることは

TT165は他モデルより最も細い

ノーズ幅と同様にTT165だけが突出しております。

ウエスト幅が細いことでもたらす効果は

細いウエスト幅がもたらす効果
  • 細いとボード操作が機敏にできる
  • ボードをねじって雪面へ噛ませ易い
  • 上記でカービングで雪面を捉え易い

逆に細いウエスト幅がもたらすデメリットは

細いノーズ幅のデメリット
  • ボード表面積が少なく浮力小
  • 雪面に食い込ませすぎる失速
  • 足が大きい人はボードに合わない

ここでのまとめですが、

「TT165」についてまとめると

足が27cm以上パウダー好きTT165以外を選びましょう。

パウダーボードと思って選ぶボードではないことが分かります。

次にテール幅について比較します。

テール幅比較 TT165 vs 他モデル

出典:https://www.gentemstick.com/assets/img/products/21-22_catalog.jpg

このテール幅で言えることは

ウエストと同様にTT165は最も細い

ノーズ幅、ウエスト幅と同様に

TT165だけが突出しております。

テールが細いことでもたらす効果は

細いテール幅がもたらす効果
  • ターンとターン繋ぎ易い
  • 荷重した際、雪面への圧力が出易い
  • 上記でカービング最後の粘りが生まれる

逆に細いテール幅がもたらすデメリットは

細いノーズ幅のデメリット
  • ボード表面積が少なく浮力小
  • パウダーでテールが生み出す浮力低下

ここでのまとめですが、

カービングターンの粘りが好きならTT165が良い

ノーズ、ウエストが細いので「TT165」はテール幅の効果で良い特徴を生み出しています。

TT165の特徴②

出典:https://www.gentemstick.com/assets/img/products/21-22_catalog.jpg

TT165の一つ目の特徴は以下の項目で説明します。

TTモデル各種の形状比較項目
  • ボード長
  • サイドカーブ

以上の観点でTT各種を比較していきます。

ボード長比較 TT165 vs 他モデル

出典:https://www.gentemstick.com/assets/img/products/21-22_catalog.jpg

TT各種の名称通り、それぞれのボード長は

TT165はTT160の次に長いボード

ボード長が長いと直進安定性が良くなります

ただボード長が長いと

ボードが硬く脚力が必要となる

ボード長だけでボードの良し悪しは説明が

できませんので、各種比較を総じて

良し悪しを説明します。

次にサイドカーブについて比較します。

サイドカーブ比較 TT165 vs 他モデル

出典:https://www.gentemstick.com/assets/img/products/21-22_catalog.jpg

このサイドカーブで言えることは

TT165最もくびれが弱い

サイドカーブはノーズ幅、ウエスト幅等の

ボード形状とバランスを取る仕様になってます。

ちなみにサイドカーブのくびれの特性

くびれ強い小回り効きやすくスピードに弱い

逆にくびれが弱いと

曲がりにくいが、スピード安定良い

というのがサイドカーブの特性です。

一般的にサイドカーブはくびれが強いことが多く、その効果は

弱いサイドカーブのデメリット
  • 小回りが効かずボードが扱い難
  • ボードは操作しにくくボードが曲がらない
  • 上記で乗り手がボードを曲げてターン要

逆にくびれが強いサイドカーブがもたらす

デメリットは

弱いサイドカーブのメリット
  • 曲がり難さがスピード安定性を生む
  • 直進性が良くスピードが出やすい

ここでのまとめですが、

「TT165」の特徴は

スピード安定性良いがターンはし易くない

という特徴になります。

ボードが素直にターンをしてくれないので、

ボードをたわませたりする乗り方でデメリット解決!

次に「TT165」の3つめの特徴を説明します。

TT165の特徴③

出典:https://www.gentemstick.com/assets/img/products/21-22_catalog.jpg

TT165の一つ目の特徴は以下の項目で説明します。

TTモデル各種の形状比較項目
  • ノーズ幅:最も細い
  • ウエスト幅:最も細い
  • テール幅

テール以外は説明済みで省きます。

テール幅比較 TT165 vs 他モデル

出典:https://www.gentemstick.com/assets/img/products/21-22_catalog.jpg

このテール幅で言えることは

ウエストと同様にTT165は最も細い

ノーズ幅、ウエスト幅と同様に

TT165だけが突出しております。

すでに特徴①で説明済みと思います。この特徴③はノーズ、ウエスト幅が相まった特徴です。

ノーズ、ウエスト、テール幅の組み合わせで得られるメリット
  • ヒール、トゥーの切り返し良い
  • 幅が細く、テールを動かしやすい
  • 上記2つで地形でボードを動かしやすい

このボードの形状で雪に噛みやすいので

ボードが雪に噛みやすく、3D地形は慎重に滑る必要あり

そんな特徴はありますが、

ボードの操作スキルと慣れでデメリット解決!

とボード選びの中で、自分がボードに慣れていきます。デメリットに神経質になりすぎなくて大丈夫です!

次に得意な滑りとデメリットを説明します。

TT165 得意な滑りとデメリット

出典:https://www.gentemstick.com/assets/img/products/21-22_catalog.jpg

この「TT165 Classic」の個性を

まとめます。

得意な滑り
  • 鋭い連続ターンカービング
  • カービングの延長地形遊び
デメリット
  • 足の大きいとボードからはみ出る
  • ゲレンデが荒れると振動で足が疲れる
  • ボードは自然と曲がらない
  • ボードを操作してターンを作る技術要

「TT165 Classic」はターン好き地形遊び好き

好まれる傾向にあります。

ただ、フラットキャンバー+ボード個性上、

気持ち良いカービングターン技術は必要

ということになります。

ただ、そんなデメリットでも

反復練習によるスキルUPと慣れでデメリット解決!

「TT165 Classic」は技術が必要で難しいボードと思います。

すこし難しいくらいが乗りこなせた満足感は高いです。

技術上達しながら乗りこなしましょう!!

【SIDECAR】SURF&SNOW
¥161,700 (2022/10/09 20:59時点 | 楽天市場調べ)
\今だけ最大ポイント10%アップ!/
Amazon

最後に

今回、GentemstickのTT165について

詳しく比較をいたしました。

そこから見える、各モデルの特徴と

それぞれどういう用途に向いているかを

説明をさせて頂きました。

スノーボード の技術上達に伴い、

滑走スピードパウダースノー

楽しみたいとなってきます。

ボードの個性を理解して

自身の技術向上もしながら楽しいスノーボードを

行うのが、充実感につながります。

自分の技量にあったギア選びをしつつ、

ネクストレベルに上達するように

なれると楽しんでください。

最後にまとめです。

人気モデル選び方とおすすめまとめ

選び方のポイント

  1. TT165は自分の用途に合うかで選ぶ
  2. 自分の技量とも含めて選ぶと良い
  3. 当てはまらないなら「SLASHER」がおすすめ

以上です。

「TT165」以外も気になる方は以下のまとめ記事をご参照ください。

もっとGentemstickのことが

知りたい方は以下の記事も一緒にどうぞ!

楽しいボードを活かすのも殺すのもビンディングの取り付け方法次第です。良く分からない方は

以下もご参考にしてください。

ここまで読んで頂いて本当に

ありがとうございます。

みなさまにいつも感謝です!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次